茨城新聞社の取材

寒さが深まると旬を迎えるのが「自然薯(じねんじょ)」

11月の晩秋から収穫が始まりますが、昔から1年で寒さがピークに達する大寒の時期が粘りも風味もピークになると言われています。

ここ数年は暖冬傾向でお歳暮のギフトシーズンでは、お届けが12月中旬になっています。

夏は日照不足や雨不足、そして秋は10月の台風と、毎年栽培方法に工夫と試行錯誤を繰り返して品質を向上し続けているのが笠間自然薯研究会です。

今回は、過去に何度もご紹介頂いている茨城新聞社様から改めて取材を頂きました。

寒暖の差が大きく、自然薯の栽培に適した土壌を持つ笠間市

この茨城県笠間市の特産品としての「自然薯(じねんじょ)」の魅力を、再発見して頂ければと思います。

茨城新聞への掲載は、2020年1月19日の日曜版の予定です。
ぜひ、ご覧ください。

笠間自然薯研究会トーマス農園 深作会長の畑で、近藤副会長と取材頂きました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事