ほしキラリ 丸干し芋
ほしキラリ 丸干し芋
干し芋選びのヒント
「干し芋」加工専用品種として誕生した「ほしキラリ」とは?
2012年頃から生産加工がスタートした新しい品種の「ほしキラリ」
ご存じの方は、まだそれほど多くないと思います。
この「ほしキラリ」、干し芋に加工するための専用品種として誕生しました。
それまでの主力品種だった「玉豊(タマユタカ)」や「いずみ13号」の特徴を良いとこ取りしたような品種です。
蒸かすと色も鮮やかな「レモンイエロー」から乾燥が進むと「アメ色」に変わり、見るからに美味しくなります。
そして肝心の甘さも「いずみ13号」とほぼ同じ印象の深みがあります。
まだまだ、メジャーな品種ではありませんが「ほしキラリ」をご紹介します。

美味しい干し芋専用品種「ほしキラリ」の特徴とは?

現在、干し芋の品種は「紅はるか」がダントツの主力品種、そして「シルクスイート」などが新しい人気品種として増えています。
しかし、2010年頃までの主力品種は「干し芋と言えば、タマユタカ」
「ネットリ系の甘い干し芋と言えば、いずみ13号」という時代でした。
しかし、この2つの品種は作柄に天候の影響が年々目立つようになって来ました。
タマユタカ(玉豊)であれば、“白パカ”(シロタ)と呼ばれる白い部分が発生してしまう。
いずみ13号は、大きく育たない・・・と言った具合です。
この「シロタ」は、雨が少ないと発生率が上がるようで、原料芋のデンプンが糖に変化しにくくなってしまう現象です。
この部分の甘さは控え目になり、見た目も良くない(美味しく見えない!)となります。
こんな天候の影響を受けずに栽培できる「干し芋専用の品種」として誕生したのが「ほしキラリ」。
この「ほしキラリ」、まずは外観はごく普通の「さつまいも」ですが、蒸かして皮を剥くと淡い黄色、
レモンイエローに近いと言えばイメージ出来ると思いますが、色がとにかくキレイ。
なにより問題の「シロタ」が、ほぼ発生しません。
そして、乾燥が進むと甘さが深まると同時に色の濃さも深まって行きます。
甘さと風味は「いずみ13号」と同じ程度の甘さですが、それほど濃厚ではなく「あっさりした甘さ」という印象。鼻から抜けるお芋の風味も爽やかな感じです。
この「ほしキラリ」は、丸干し芋が特に美味しさを楽しめる品種かと思います。(あくまで私の主観です)
ただ、その反面欠点としては、まだまだ育ちにくい印象の品種で収穫量もそれほど期待できない。
そんな感想を生産農家さんから聞きます。
主力品種に成長するか? 希少品種になってしまうか?
まだまだ分かりませんが、干し芋ファンの皆さまの応援で人気品種に育てて行きたいですね!

 

どこで買える?

◇干し芋の品種が豊富にある「JA常陸 長砂直売所」で、まずは探してみてください。

10月以降になれば店頭に並ぶ時期です。

◆ネット通販は、「ほしキラリ・干し芋」などのキーワードで検索すれば様々な商品が販売されていると思います。

ちなみに私のサポートさせて頂いている農家さんでは、
あまいも-Amaimo- ほしいも屋 大須賀農園さんが取り扱っています。
しかし、販売数量は少なめですので、事前にお問い合わせください。

「ほしキラリ」の干し芋ギャラリー

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事